スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

綿繰り作業について

綿繰り (わたくり) が全く進みません。

綿繰りとは、綿花の種一個一個から繊維を取る作業のことですが、この作業では “綿繰り機” という名の器具が必要になるのです。

この “綿繰り機” がめったにない。

棉を育てて綿花を収穫し、紡いで糸にする技術を得たとしても、その間の作業が、今は困難なのです。

 

綿繰り機を個人で入手しようとした場合、新しいものを購入しようとすると、京都の稲垣機料が作っていて約三万円程度の本格仕様。中古を探しても、メンテナンスが出来るか分からないので、手を出しづらい。その前に、綿繰り機は争奪戦なので、骨董屋さんに入荷されてきてもすぐ売れてしまうそうです。

 

なかなか減らない綿花の山をどうにかするべく、綿繰り機をお借りしましたが、これでもなかなかうまく繊維が取れない... 慣れの問題です。

 

(豪徳寺 FEP にて撮影)

こっち側 (左側の画像) から繊維付きの種をローラーにかませて、ハンドルをくるくるすると、向こう側 (右側の画像) に繊維だけが吐き出される。種はこっち側 (左の画像) に落ちる。このような仕組みです。

 

動画だと、これ。

 

綿繰り機を持っていたり、借りられたり出来る環境にいる人はいいですが、それが難しい人は、どうしたらいいのか。

 

市販のパスタマシーンで出来ると知ったので様子を見ようと検索した結果が、これ。

 

市販のパスタマシーンにものは、一個ずつ。しかもレザーのスエード部分に繊維が貼りついてしまい、今度はこれを取ることに時間を取られることになるのでしょう。うまく取れるのかな?

(動画のようにレザーを使わずにパスタマシーンで綿繰り作業をしている人のブログもありました。)

 

まず、パスタマシーンすらないからねぇ。

 

綿繰り機が無い (借りられない) 場合、自分で育てた綿花を糸にする作業は、大変難しい。難しいというのは、難しい技術が必要、という事ではなく、根気が必要、という事です。

 

上記の経験で得た教訓を書いておきます。(綿繰り機が使えない人に向けて。)

コットンボールは一気にはじけず、一個一個バラバラにはじけるので、頃合いのいいコットンボールを収穫したら、貯めずに繊維をむしり取りはじめましょう。貯めちゃうと、ワタクシのように、綿繰り機を求めて西へ東へ奔走する羽目にあいます。

 

追記

パーソナル綿繰り機を作ってくれるところないかなあ。(本気)

オール木製じゃなくてもいいし、力のかからない場所ならプラスチック (なるべくバイオプラスチック) でもいいんだけど。みんなが購入しやすい価格にするには、プラスチックは逃れられないでしょうね。

 

追記

お値段安めの綿繰り機にたどり着きました。一万円は越えますが、本格仕様の稲垣機料のものより格段に安い。(耐久性は分からない) →綿繰り機(Watakuriki) - 木製品の共栄